甘いキムチ

特定アジアの政治経済を中心とした2chまとめ情報を発信しています。

【民主党】飲酒運転クイズ王のブロック小西ひろゆき「2人のNHK経営委員を即刻罷免すべき」

元「NHK担当」参院議員がズバリ「経営委員はクビにすべき」 「長谷川三千子さん、百田尚樹さん、この2人の経営委員は 放送法第36条が規定する 罷免要件に合致する。安倍首相は即刻罷免すべきです」 こう言うのは、民主党の小西洋之参院議員(42)だ。 小西議員は元総務省のキャリア官僚。 麻生太郎が総務大臣だった当時、 放送政策課の課長補佐としてNHKを担当し、経営委員の 候補者の人選もした。 いわば“放送法のエキスパート”だ。その専門家が「罷免すべき」というのだ。 「長谷川委員は、日本国憲法は全くめちゃくちゃ、日本近代史上最大の汚点だと、 ご自身の 著書などで主張しており、そもそも放送法31条1項の<公共の福祉に関し 公正な判断ができる者> という任免要件にまるっきり違反している。 また、朝日新聞社であった右翼団体幹部による言論テロを賛美し、象徴天皇制を 否定したこともある。 しかも、2月12日に行われた経営委員会の調査で、これらの 見解を撤回していないのです。 これは、NHKが内規で定めた『信用失墜行為』にあたり、放送法36条の罷免要件 『職務上の義務違反』に該当する。経営委員の唯一の任命権者であり、罷免権限を持つ 安倍首相は即刻、長谷川委員を罷免しなくてはなりません」 百田氏の場合は、もっと単純明快だという。 「百田委員は都知事選で、田母神俊雄氏の対立候補だったかつての首相、厚労相、 日弁連会長を、 『人間のクズ』とマイクの大音量で言いました。 公衆の面前で、人を『人間のクズ』と罵倒する行為は、 刑法の侮辱罪にあたり、 それは放送法36条の罷免要件『委員たるに適しない非行』に該当します」  http://gendai.net/articles/view/news/148858

タグ: 民主党

  1. 2018/4/12(木) 16:44:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナム人「韓国人の前に立つだけで吐き気がする」

新聞社ベトナム人助手 韓国軍取材を「吐き気がする」と拒否 今、韓国では先のベトナム戦争に参戦した韓国軍の蛮行が、 にわかに問題視され始めている。 3月7日、かつて日本軍の慰安婦だったという女性と その支援団体代表がソウルで会見を開いた。 ベトナム戦争に参戦した韓国軍による 「ベトナム人女性に対する性暴力や民間人虐殺」 について、「韓国政府が真相を究明し、公式謝罪と法的責任をとるように」と訴えたのである。 これまで日本に「謝罪」と「賠償」を求めてきた彼女たちの矛先が自国へと向けられたのだ。 韓国がベトナム戦争に参戦したのは1964年のこと。 1973年まで、のべ32万人もの兵士を南ベトナムに派遣した。 当時、アメリカの同盟国として、オーストラリアやフィリピンなどのSEATO (東南アジア条約機構)加盟国も参戦していたが、 万を超える兵を派遣したのは、 アメリカを除けば韓国だけだった。韓国事情に詳しいジャーナリストがいう。 「朴槿恵(パク・クネ)大統領の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が、 ベトナム戦争への自国軍の派兵をアメリカの ケネディ大統領に提案した。 アメリカに擦り寄ることで韓国の軍事独裁政権を認めさせるため、 そして戦争特需による外貨獲得が狙いだった」 韓国軍は、後に激戦地となったダナンに海兵隊第二旅団「青龍部隊」を、クイニョンに 首都ソウル防衛師団「猛虎部隊」を、 そしてニンホアに第9師団「白馬部隊」を駐屯させた。 彼らが、各地でベトナム人に対し虐殺やレイプを繰り返したのである。 ベトナム戦争当時に サイゴン支局長を務めていた元朝日新聞記者の井川一久氏がいう。 「当初の韓国軍の主な任務は『ベトコン掃討作戦』でしたが、 1968年以降は『農村の無人化作戦』に変わりました。わかりやすくいえば、 反米の南ベトナム解放戦線が大半を支配していた農村部を壊滅状態にすることです。 戦場でベトナム人を見つけたら、女、子供問わず抹殺するのが仕事。 彼らはベトナム人を人間だと思っていなかった。 女性を見つけたらレイプした。単独ではなく輪姦です。そして用が済めば殺す。 もはやマニュアル化していたように、彼らは凶行を繰り返していた」 こうした韓国軍の行為が明らかになるにつれ、反韓感情がベトナム人の間で 湧いていったという。井川氏が続ける。

 「ベトナム人たちにとって韓国軍は “アメリカの金を目当てにやってきた傭兵”という認識でした。彼らには何の大義もない。 それどころか犯罪者集団だという人もいた。 支局時代、ベトナム人の助手に、韓国軍の取材に行くといったら、 “私は行けません。彼らの前に立つだけでも吐き気がする”と拒否されました」 ※週刊ポスト2014年3月28日号 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140319/frn1403191307003-n2.htm

タグ: 

  1. 2018/4/12(木) 16:42:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【悲報】横浜市が韓国の光州市・中国の泉州市と文化協力 文化コンテンツを共同制作へ …『3都市間の未来志向的文化交流協力推進計画』

「韓・中・日の文化都市である光州、 泉州、 横浜が文化で生き残っていくように 文化コンテンツ・文化芸術・都心再生・特化産業・言論など5大分野で協力を強化 して行きます」  チョン・ドンチェ財団法人 東アジア文化都市 推進委員会委員長は18日、光州市役所で記者会見を 開いて「3都市間の未来志向的文化交流協力推進計画」を発表しながらこのように言った。  チョン委員長はまず高付加価値文化コンテンツの中でアニメーション、 デザイン、 先端映像などを 3都市が共同製作・販売・マーケティングする方案を推進する計画だと明らかにした。  光州は国立アジア文化殿堂(2015年開館予定)・CGI(コンピューター形成イメージ)センター ・CT研究員(今後設立)、 韓国コンテンツ振興院(全南羅州革新都市移転予定) など 文化コンテンツ産業基盤が十分であり、この分野の協力を 主導できるとチョン委員長は 説明した。チョン委員長はまた「泉州市の古城復元、 横浜市の創造文化都市再生事業を 比較学習し、アジア文化殿堂周辺の都心再生事業を推進する」と明らかにした。  3都市の特化された産業を交流する方案も推進する。 チョン委員長は3都市の共同成長のために 泉州で発達した陶磁器産業と光州の陶芸産業を組み合わせ、 「光の都市」横浜の照明技術を光州の光産業と連携しなければ ならないと強調した。  彼は「横浜トリエンナーレと光州ビエンナーレ、 横浜美術館と光州市立美術館の協力など、 文化交流活性化のために ドキュメンタリー相互放映なども推進する」と付け加えた。 チョン委員長はこのような方案を現実化するために 今年の内に15人ほどの 3都市あいさつに構成された ‘東アジア文化都市協議会’を発足する計画だと明らかにした。  http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=021&aid=0002190986

タグ: 悲報

  1. 2018/4/12(木) 16:41:6|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【埼玉新聞】「竹島を東西で分割して日韓で分け合ったらどうだろうか」

埼玉政経懇話会の3月定例会が19日、さいたま市大宮区で開かれ、 海外情勢に詳しいコリア・レポート編集長の 辺真一(ぴょん・じんいる)氏(66)が 「朴槿恵政権の対日政策と日韓関係の展望」のテーマで講演した。 慰安婦問題や竹島問題などの歴史認識から関係が冷え込んでいる日韓関係。 朴大統領就任後、 日韓首脳会議はいまだ開催されておらず、両国の溝が埋まる気配はない。 辺氏は慰安婦問題を日本と韓国の2国間での「対話」で解決すべき問題とし、 「アメリカや世界各国を巻き込み日本に『圧力』をかけるだけで解決しようとしている 韓国のやり方は間違っている」と非難した。 竹島問題に関しては「柔軟な解決法があるのではないか」と強調。 竹島の土地を西東で分割し日韓で分け合うこと、 分割が難しいようであれば 土地の部分は棚上げし、海底資源を日韓の共同開発とすることなどを提案した。 辺氏は日朝関係についても言及。7月までに北朝鮮がミサイルを発射しなければ、 拉致被害者の安否調査をすることができる可能性は高いと指摘。 「日本と北朝鮮は拉致問題さえ解決すれば領土の問題もないのでうまくいくと思う。 (経済面などでの)対中国政策を考えると日朝関係は日本、北朝鮮どちらにとっても 重要になってくる」と述べた。 コリア・レポート編集長の辺真一 http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/03/20/06.html

タグ: 埼玉新聞

  1. 2018/4/12(木) 16:39:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【画像23枚】まさに猫島!人間15人に猫が100匹 愛媛

愛媛県大洲市長浜町、伊予灘に浮かぶ青島。 島民15人の小さな島に、100匹を越える猫が 暮らしている。 昨年秋にインターネットなどを通じて噂が広まり猫島として、 全国から 観光客が訪れるようになった。    高齢者が多くを占める島には宿泊施設や飲食店はおろか、自動販売機さえ無いが、 猫口(にゃんこう)密度の濃さに惹きつけられる猫好きの来島が後を絶たない。  http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/03/20aoshima_cat/

タグ: 画像23枚

  1. 2018/4/12(木) 16:37:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ